ピエール=オーギュスト・ルノワール

Wikipedia

ピエール=オーギュスト・ルノワール (Pierre-Auguste Renoir1841年2月25日 - 1919年12月3日)はフランス印象派画家である(後期から作風に変化が現れ始めたので稀にポスト印象派の画家とされることもある)。長男のピエールは俳優、次男のジャンは有名な映画監督である。

風景画、花などの静物画もあるが、代表作の多くは人物画である。初期にはアングルドラクロワなどの影響を受け、モネらの印象主義のグループに加わるが、後年は古典絵画の研究を通じて画風に変化が見られ、晩年は豊満な裸婦像などの人物画に独自の境地を拓いた。日本など、フランス国外でも人気の高い画家である。








舞踏場 ムーラン ドラ ギャレット








『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』とは、ルノワール(1841-1919)が35歳のときに描いた作品。題名のムーラン・ド・ラ・ギャレットは、パリのモンマルトルにあったダンスホールの名。画中の人物たちは、彼の友人たちがモデルになっている


Bal du moulin de la Galette (commonly known as Le moulin de la Galette) is an 1876 painting by French artist Pierre-Auguste Renoir. It is housed at the Musee d'Orsay in Paris and is one of Impressionism's most celebrated masterpieces. The painting depicts a typical Sunday afternoon at Moulin de la Galette in the district of Montmartre in Paris. In the late 19th century, working class Parisians would dress up and spend time there dancing, drinking, and eating galettes into the evening

ファイル:Renoir21.jpg
パブリックドメイン


ピエール

オーギュスト

ルノワール

画家

舞踏場

ムーラン

ドラ

ギャレット














ルノワールの生没年月日


ピエール

オーギュスト

ルノワール

1841年(ユダヤ暦5601年)

2月25日(ユダヤ暦アダル4日)

1919年(ユダヤ暦5680年)

12月3日(ユダヤ暦キスレブ11日)





















戻る






















inserted by FC2 system