アルフレッド・ノーベル

アルフレッド・ベルンハルド・ノーベルAlfred Bernhard Nobel, 1833年10月21日 - 1896年12月10日)は、ダイナマイト発明で知られる化学者実業家ノーベル賞の提唱者。スウェーデンストックホルム生まれ。なおスウェーデン語では Nobel のアクセント第二音節にあり、発音は「ノゥベール」となる[1]。ダイナマイトの開発で巨万の富を築いたことから、「ダイナマイト王」とも呼ばれた。

知人の化学者アスカニオ・ソブレロ (Ascanio Sobrero)が発明した爆薬、ニトログリセリンを、初めて実用化することに成功。さらにこれを改良し、安全に使えるようにしたダイナマイトを発明した。ダイナマイトは工事現場での岩盤の破壊など、作業の効率化を進めるものとして広く普及したが、同時に戦争にも爆薬として使用された。

ファイル:AlfredNobel adjusted.jpg


Diagram of dynamite.
A. Sawdust (or any other type of absorbent material) soaked in nitroglycerin.
B. Protective coating surrounding the explosive material.
C. Blasting cap.
D. Electrical cable connected to the blasting cap.
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".



ダイナマイト

アルフレッド

バーナード(ベルンハルド)

ノーベル















生没年月日が現出した




アルフレッド

バーナード(ベルンハルド)

ノーベル

1833年

10月

21日

1896年

12月

10日




















戻る








inserted by FC2 system