グルジア紛争をあやつる影の勢力とは?         



2008年8月に起きた突然のグルジア軍の侵攻はアメリカ政府、イルミナティの企みだった。
当時ロシアのプーチン首相はその企みをすべて見抜いていた。
彼は米テレビ局CNNとのインタビューでその実態をぶちまけた。
その内容が真実であることを「聖書の暗号」が告げていた。
2008年3月、プーチンロシア大統領(当時)は、選挙集会で次のように語っていた。
ロシアは、米英(イルミナティ三百人委員会)に絶対降伏はしない!!
ロシアは、必要とあれば、イルミナティ世界権力との全面武力戦争に入る用意あり!!
ロシア軍首脳は、ロシアの民族と国家が、米国とNATOによって危機にさらされるとき、 彼らが一線を越えるとき、ロシアは、彼らと戦争をする。
そしてロシアはこの戦争に於て、必要とあれば、戦術的、戦略的核兵器を 敵に対して使用する、と。

2003年いわゆるグルジアの「ばら革命」によって、現在のグルジア大統領を政権に就けたのは、ユダヤ人イルミナティ金融家ジョージ・ソロスである。
デーヴィッド・アイク公式日本語情報ブログよると、バラ革命の背後に潜む主要な資金提供者に、ユダヤ人でありイルミナティの資本家であるジョージ・ソロスがいた。ソロスは財団と組織からなる複雑なネットワークを保持し、これを介して、アメリカとイスラエルのエリート集団と結託して、世界中の国々を操作している。このソロスのネットワーク、特に彼のOpen Society Institute(開かれた社会財団)が、集団による抗議行動の技術を学ぶグルジアの学生たちに訓練と資金を提供し、デモを先導した反政府的なテレビ局にも資金を提供した。とある。
グルジアの2003年のばら革命なるものは、アメリカ、イスラエルのイルミナティネットワークによる、グルジアに対する介入であったのだ。
グルジアの背後にイルミナティがいた。

米国とイスラエルの陰謀組織、イルミナティは地球征服(新世界秩序)の目的を達成するために過去から現在まで(そして未来も)、
世界中で同じことを行っており、彼らと彼らをコントロールするロスチャイルド、ロックフェラーがいなければ過去の数多くの戦争は決して起きなかった。

今後、第3次世界大戦への導火線となる可能性もある、グルジア紛争を「聖書の暗号で」検証して見た。





パブリック ドメイン



経緯(WIKIPEDIA)より引用:




This image is a work of a U.S. military or Department of Defense employee, taken or made during the course of an employee's official duties. As a work of the U.S. federal government, the image is in the public domain.



ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)
パブリック ドメイン http://bs.wikipedia.org/wiki/Vladimir_Putin

ロシア・ソチ(Sochi)で、米テレビ局CNNのインタビューを受ける、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)首相。(c)AFP/RIA NOVOSTI/ALEXEY DRUZHININ




【記事全文】

<グルジア紛争>プーチン露首相が米「陰謀論」を指摘
2008年8
291057分配信 毎日新聞

 

ロシアのプーチン首相(前大統領)は28日、米CNNとの単独会見に応じ、グルジア紛争の原因について、「米大統領選で、候補者のうちの一人を有利にするために米国の誰かがわざと起こした疑惑がある」と述べた。名指しこそ避けたが、ロシアへの強硬姿勢で知られる共和党内定候補のジョン・マケイン上院議員を勝たせるためにブッシュ政権が起こしたと疑っていることを強く示唆した。

 

首相は「グルジア南オセチア自治州の戦闘地帯に複数の米国人がいたとの報告をロシア軍から受けた。事実だとすれば、自分の上司の指示で動いていたはずだ」と述べ、米国の工作員がグルジア軍の戦闘を指揮していたとの疑いを指摘した。

 

さらに、中東問題やアフガン戦争、イラク戦争、サブプライムローン問題などブッシュ政権下で起きた問題を次々と挙げ、「小さな勝ち戦が必要だったのだ。しくじった場合でも、我々(ロシア)に罪をかぶせ、我々を敵に仕立てて、ある政治勢力の下に国を団結させることができたのだ」と語った。また「私の言葉にあなた(CNN記者)が驚いていることに私は驚いている。明白なことじゃないか」と述べた。

 

首相は「グルジア軍を武装し訓練したのは米国だ」とブッシュ政権を批判。グルジアが攻撃を開始した直後、訪問先の北京でブッシュ大統領に攻撃中止の働きかけを要請したが、「何もなされなかった」と述べた。




【太田龍の時事寸評】より引用

二〇〇八年三月、プーチンロシア大統領(当時)が選挙集会で語ったこと。

ロシアは、米英(イルミナティ三百人委員会)に絶対降伏はしない!!
ロシアは、必要とあれば、イルミナティ世界権力との全面武力戦争に入る用
意あり!!

二〇〇八年八月十九日(火)

「アメリカン・フリープレス」二〇〇八年八月二十五日号。十頁。
  マーク・グレン
  「ロシアとグルジアの衝突は、イスラエルによって、造出された」
  と。
二〇〇八年三月、ロシアの選挙の少し前の集会で、プーチン大統領は、
  次のように語った。
  ロシアはイラクではない。我々は、米国がロシアをどうするつもりか、彼らの計画を知って居る。
  我々の国家を破壊し、我々の主権と富を掠奪する、と。
  しかし、我々は彼らに、そうはさせない。我々は、官僚や外交官の無意味な抵抗に我々の行動を限定するような過
  ちを犯さない、と。
ロシア軍首脳は、
 ロシアの民族と国家が、米国とNATOによって危機にさらされるとき、 彼らが一線を越えるとき、ロシアは、彼らと戦争をする。
 そしてロシアはこの戦争に於て、必要とあれば、戦術的、戦略的核兵器を 敵に対して使用する、と。







バラ革命 画像:パブリック ドメイン

ミヘイル・サアカシュヴィリは、CIAの工作による「バラ革命」によってグルジアの権力者に祭り上げられた。サアカシュヴィリを含むバラを持った参加者たちが国会議事堂を乗っ取った後、シュワルナゼがそこから逃走した時に革命は最高潮を迎えた。
赤いバラはイルミナティの主要なシンボルであり、彼らのエリート秘密結社の一つは薔薇騎士団(
the Order of the Rose)と呼ばれている。

バラ革命(バラかくめい、グルジア語 vardebis revolucia)は2003年グルジアで起こった、エドゥアルド・シェワルナゼを大統領辞任に追い込んだ暴力を伴わない革命である。

デーヴィッド・アイク公式日本語情報ブログより、抜粋引用:

二〇〇三年いわゆる「ばら革命」によって、現在のグルジア大統領を政権に就けたのは、ユダヤ人イルミナティ金融家ジョージ・ソロスである。

バラ革命の背後に潜む主要な資金提供者のひとりに、ユダヤ人であり、イルミナティの資本家であるジョージ・ソロスがいた。ソロスは財団と組織からなる複雑なネットワークを保持し、これを介して、アメリカとイスラエルのエリート集団と結託して、世界中の国々を操作している。このソロスのネットワーク、特に彼のOpen Society Institute(開かれた社会財団)が、集団による抗議行動の技術を学ぶグルジアの学生たちに訓練と資金を提供し、デモを先導した反政府的なテレビ局にも資金を提供した。


グルジアの二〇〇三年のばら革命なるものは、アメリカ、イスラエルのイルミナティネットワークによる、グルジアに対するクーデターであった。

南オセチアを武力攻撃したグルジアの軍隊は、イスラエルによって軍事訓練を受けた。

ある報告によると、米国の悪名高い「民間軍事・警備」会社のブラックウォーターから1,500人もの「アドバイザー」がグルジアの地にやってきて、過去18ケ月に大量の兵器と弾薬が米国から輸送供給されたそうである。


米国とイスラエルの陰謀団は、イルミナティの地球独裁の目的を達成するために世界中で同じことを行っており、彼らと彼らをコントロールするロスチャイルド王朝がいなければ多くの戦争は起きなかった。


グルジアについてはアメリカとイスラエルの動きを読み、南オセチアとアブハジア自治共和国については、表向きは別として、このグルジアの二つの「独立」地区を事実上支配しているロシアの動きを読むことだ。


wikipedia
ジョージ・ソロス(George Soros、1930年8月12日 - )は、ハンガリーブダペスト生まれのユダヤ系アメリカ人投機家株式投資家慈善家哲学者。その高度な投資技術と緻密な読みと大胆な戦術で莫大な財を築き、「ヘッジファンドの帝王」、「ウォール街の投機王」、「現代版錬金術師」の異名を付けられた。またポンド危機アジア通貨危機を引き起こした中心人物とも知られ、「国際金融の黒幕」、「イングランド銀行を打ちのめした男」など様々な異名を付けられている。ハンガリー語での姓名はSchwartz Gyorgy(シュヴァルツ・ジェルジ)であった。




ジョージ

ソロス

バラ

革命

支援する













イルミナティ

グルジア

紛争

陰謀による




















戻る
inserted by FC2 system